วันพุธที่ 8 มิถุนายน พ.ศ. 2554

序論 1.問題提起と背景

序論
1.問題提起と背景
    老若男女は歓楽のためにマンガを読む。子供や大人にマンガが人気がある理由はマンガがおもしろくて興奮したり、イラストがあったり、簡単に買えたりするからだ。それに、読者はあんまり字が読めなくてもイラストを見て推測できるので、マンガは読みやすい。
    日本のマンガは1961年からタイで普及した。最初はテレビで有名な映画「Astro Boy」を放映した。それから、タイ語に翻訳されて、 cartoondek[การ์ตูนเด็ก]の雑誌が出版された。次はロボットと怪物(1975年から)たとえば、スーパー戦隊や仮面ライダーやウルトラマンなどで、その時代子供達は形を化けることが楽しく真似した。それは今でもとても人気がある。
    タイに売っている日本語から翻訳したマンガはほとんど、続きものと読み切りマンガだ。もし、アダルトマンガをぬきで出版されるものには、学園漫画、ギャク漫画、ファンタシー漫画、SF漫画、ホラー漫画、恋愛漫画、スポーツ漫画、音楽漫画、料理漫画などがある。子供向けのマンガは特徴が3つある。1.善因善果 例、「スーパー戦隊」や「ウルトラマン」、2.仲間の協力 例、「ドラエモン」、3.精勤と懸命 例、「slam dunk」 、「eye shield 21」。いいマンガは本当に「力」が隠然がある。これがある人は夢に従って再挙する。ある人は命の有難さに生活する。ある人は自分自身を変更するには勇気がいる。または偉大な国家の変化することができるかもしれない。エンターテイメントの下で、マンガは多くの命に強い力が左右する。
今まで50年間で日本のマンガがタイに普及したが、50万人以上のタイ人はどうして「マンガは命にとってやくにたたないとか馬鹿らしい、子供向けの娯楽だけ」と考えているだろうか。マンガを読んでいる人の理由は何だろうか。マンガについてどう考えているのか。この研究ではマンガを読んでいる人とマンガを読まない人に調査した。アンケート調査をした結果をまとめる。

ไม่มีความคิดเห็น:

แสดงความคิดเห็น

แสดงความคิดเห็น